財産分与って何?

● 様々な財産分与がございます

『財産分与』とは、婚姻中に夫婦が築いた共有財産を、離婚時に分け合うといったものです。
「清算的財産分与」「扶養的財産分与」「慰謝料的財産分与」などがあります。

清算的財産分与

● 夫婦で築いた財産を清算すること

婚姻中に夫婦が築いた共有財産を、離婚時に分け合うといったものです。

例)「マンション」や「預貯金」が夫名義になっていたとしても、
夫婦共有財産となり財産分与の対象になります。

       ↓

妻が専業主婦だったとしても、
その妻の「内助の功」が財産形成に大きく貢献していると解釈されるからです。
※この【清算的財産分与】が、財産分与の中心となります。

扶養的財産分与

● 離婚後に相手の生活を支える意味のもの

扶養的財産分与は、
離婚によって生活が不安定になる側を扶養するという側面から見た『財産分与』です。

◆専業主婦が離婚した場合◆

       ↓

離婚後生活が不安定になる可能性が高いのが現状です。
妻が家庭に専念していたおかげで、夫は仕事に専念できたと考えれば、
別れた妻が、安定した生活を送れるようになるまでの間は、
夫が妻の生活を保証するのが公平であると考えられています。

       ↓

これにより、夫は共有財産以外の夫の特有財産や収入を割いてでも『財産分与』を
しなくてはなりません。

※但し、金額や期間については制約があるため、
一生涯保証しなくてはならないというものではありません。

財産分与の割合と決め方

● 貢献度に応じた判断を

財産を築くために、どの程度寄与したかに応じて割合は変わってきます。

       ↓

「専業主婦」「夫が自営業」「共働き」等、それぞれの夫婦特有の事情をも考慮して
決めますが、当事者同士で折り合いがつけば全く問題ありません。

       ↓

※折り合いがつかない場合は、「家庭裁判所」に調停を申立てることになります。

財産分与の額

● 様々な要素を考慮

婚姻期間や夫婦特有の事情をも考慮して算出します。
一般的に、婚姻期間に比例して金額は上がっていきますが、
当事者で折り合いがつけば問題ありません。

財産分与の対象となる財産

● 様々な財産が対象

具体例

 ↓

「預貯金」「不動産」「家財道具」「有価証券」「美術品」「生命保険・学資保険」
「骨董品」「退職金(支給済・支給確定分)」「年金」「債務」「賃借権」等です。

財産分与の請求期間

● 2年以内に請求しましょう

離婚の財産分与を請求できる期間は、離婚のときから2年以内と定められています。

       ↓

※但し、2年以内に請求したとしても問題点はあります。

       ↓

離婚後に得た財産が、離婚前の財産と混ざってしまう場合があります。
離婚後、請求するまでに間が空きすぎたため、
財産を使われてしまったといったトラブルが起きやすくなります。

       ↓

※対処方法は、離婚後に少しでも早く書面にしておくことです。

離婚相談所へのお問い合わせはこちらへ。

離婚相談所へのお問い合わせ。

離婚相談・離婚協議書作成サービスは全国対応!

●事務所でのご相談はもちろん出張相談にも対応しております!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 新潟 福島 栃木 長野 群馬 栃木 茨城 山梨 埼玉 千葉 
東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、
新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、
武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、
多摩市、稲城市) 神奈川 富山 岐阜 愛知 静岡 石川 福井 滋賀 三重 京都 兵庫 大阪 奈良 和歌山 鳥取
島根 山口 岡山 広島 香川 徳島 高知  愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄
高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 坂出市 丸亀市 多度津町 宇多津町
善通寺市 琴平町 綾川町 まんのう町 三豊市 観音寺市

離婚のご相談者様からの声
  

自分で出来る!協議離婚手続きマニュアル!

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!