養育費とは?

●養育費とは

未成年の子供が成人するまでに必要になるものです。
例えば、「教育費」、「生活費」、「医療費」等を含めた費用のことです。
たとえ、両親が離婚したとしても、子供との親子関係は変わらず続く以上、双方とも
扶養義務がありますので、養育費を分担することになります。

       ↓

『養育費』は、あくまで子供のためのものであり、子供が請求するものですが、
成人するまでは法定代理人である親が代わりに扶養請求するのが一般的です。
(※間違っても、親権者が、自分のために相手から貰えるものではありません。)

● 支払期間

成人するまでとするのが一般的です。
双方の合意により、大学卒業までとしても問題ありません。

● 支払方法

合意により、自由な方法で支払うことができます。
※但し、養育費の不払いといったことを避けるため、
法的に通用する書面にて合意しておかなければなりません。

● 支払が滞った場合

内容証明郵便での「催告」や
家庭裁判所による「履行勧告」「履行命令」「強制執行」などをすることになります。

※また、今までは養育費の滞納分ついてだけしか差押できず、滞納の際には、その都度
強制執行の手続が必要でしたが、

       ↓

平成16年4月1日からの民事執行法の改正により変更となったため
1回の手続で、給与等の継続的な収入について、
将来の分も差押ができるようになりました。
給与について差押できるのは、上限が4分の1まででしたが、
2分の1までに改正されました。

● 養育費の額の変更

一度決定された養育費の額を変更することは容易ではありませんが、
やむを得ない事情がある場合には変更の余地も出てきます。
例えば、

       ↓

進学に伴い学費が必要な場合

ケガや病気により入院費用等が必要な場合、など

● 養育費の請求期間

消滅時効や除斥期間はなく、過去に遡って請求出来ます。

       ↓

※離婚の際に、夫婦で養育費の請求はしないと合意した場合でも、
子供の養育費請求権までも放棄したことにはなりません
子供は親に対して養育費請求が可能となります。

離婚相談所へのお問い合わせはこちらへ。

離婚相談所へのお問い合わせ。

離婚相談・離婚協議書作成サービスは全国対応!

●事務所でのご相談はもちろん出張相談にも対応しております!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 新潟 福島 栃木 長野 群馬 栃木 茨城 山梨 埼玉 千葉 
東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、
新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、
武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、
多摩市、稲城市) 神奈川 富山 岐阜 愛知 静岡 石川 福井 滋賀 三重 京都 兵庫 大阪 奈良 和歌山 鳥取
島根 山口 岡山 広島 香川 徳島 高知  愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄
高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 坂出市 丸亀市 多度津町 宇多津町
善通寺市 琴平町 綾川町 まんのう町 三豊市 観音寺市

離婚のご相談者様からの声
  

自分で出来る!協議離婚手続きマニュアル!

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!