親権・監護権とは?

親権とは?

【親権】は、以下の2つに分けることができます。

@子供の世話をしたり、しつけや教育をする「身上監護権」。
A子供の財産を管理したり、子供に代わって法的な行為(契約等)を行う「財産管理権」。

『離婚届』に、親権者となるべき者の氏名と親権に服する子の氏名を記入します。

複数の子供がいる場合

その子供ごとに親権者を定めることも可能です。
(※ただし、一度決定された親権者は、そう簡単に変更は出来ないことから
慎重に決める必要があります。)

子供が生まれる前に離婚した場合

一般的には母親が親権者となります。
ただし、状況によっては父親も親権者になることが出来ます。

※なお、未成年者が婚姻している場合は、成年擬制が働きますので
親権者の指定は不要です。(民法753条)

親権者が決まらない時

「家庭裁判所」に、”調停”もしくは”審判”を申し立てることになります。

       ↓

「家庭裁判所」の調査官によって、子供の周りの環境や父母についての調査が行われ、
子供の利益や福祉を第一に考慮した上で、親権者が決められます。

       ↓

※大半は母親が親権者になることが多いようです。
〔親権者の決定にあたっての基準〕
1、健康状態が良好
2、子供と接する時間を確保できること
3、子供の年齢を考慮し本人の意思の尊重も含めて判断
4、経済的事情はさほど影響しない
5、離婚原因を考慮

※審判に不服があれば2週間以内に異議申立てをし訴訟へと進みます。

子供を引取るのは親権者?

【親権】は、「身上監護権」と「財産管理権」の2つからなり、
これら2つを父親と母親で分けることができます。

       ↓

経済的理由から親権者を父親としたが、母親が子供の世話やしつけは
自分のもとで行いたいといった場合は、親権者と監護者を分けることも可能です。

離婚後の親権者の変更と喪失

父親が親権者になり子供を引きとったが、その後再婚して子供が
放置されるような状況の場合は、親権者の変更も可能です。

※また、子供に対する暴力や虐待の事実が発覚し、親権の濫用状態となった場合は、
【親権】は親族や検察官の申立てにより喪失します。

離婚相談所へのお問い合わせはこちらへ。

離婚相談所へのお問い合わせ。

離婚相談・離婚協議書作成サービスは全国対応!

●事務所でのご相談はもちろん出張相談にも対応しております!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 新潟 福島 栃木 長野 群馬 栃木 茨城 山梨 埼玉 千葉 
東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、
新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、
武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、
多摩市、稲城市) 神奈川 富山 岐阜 愛知 静岡 石川 福井 滋賀 三重 京都 兵庫 大阪 奈良 和歌山 鳥取
島根 山口 岡山 広島 香川 徳島 高知  愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄
高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 坂出市 丸亀市 多度津町 宇多津町
善通寺市 琴平町 綾川町 まんのう町 三豊市 観音寺市

離婚のご相談者様からの声
  

自分で出来る!協議離婚手続きマニュアル!

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!