裁判離婚とは?

裁判離婚とは?

調停や審判でも話がまとまらない場合、
最終手段として「家庭裁判所」に訴訟を提起することになります。
※協議離婚と違いどんな理由でも離婚できるわけではありません。

       ↓

この場合、以下の法定離婚事由(民法770条各号)が必要になります。

1、配偶者に不貞な行為があったとき

2、配偶者から悪意で遺棄されたとき

3、配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

4、配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

5、その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

判決後の手続き

「謄本」と「確定証明書」各1通と共に『離婚届』を役所に提出します。

裁判離婚のメリットとデメリット

裁判離婚のメリット

「財産分与」「慰謝料」「養育費」等の問題も同時請求出来ます。
判決という、終局的解決を図ることが出来ます。

裁判離婚のデメリット

それなりの費用がかかります。
裁判期間が長期に渡ることから、精神的苦痛や労力が相当かかります。
裁判は公開法廷にて行われますので、プライバシーを守ることは難しくなります。
※実際に離婚する夫婦の1%程度がこの裁判離婚です。

離婚相談所へのお問い合わせはこちらへ。

離婚相談所へのお問い合わせ。

離婚相談・離婚協議書作成サービスは全国対応!

●事務所でのご相談はもちろん出張相談にも対応しております!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 新潟 福島 栃木 長野 群馬 栃木 茨城 山梨 埼玉 千葉 
東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、
新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、
武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、
多摩市、稲城市) 神奈川 富山 岐阜 愛知 静岡 石川 福井 滋賀 三重 京都 兵庫 大阪 奈良 和歌山 鳥取
島根 山口 岡山 広島 香川 徳島 高知  愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄
高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 坂出市 丸亀市 多度津町 宇多津町
善通寺市 琴平町 綾川町 まんのう町 三豊市 観音寺市

離婚のご相談者様からの声
  

自分で出来る!協議離婚手続きマニュアル!

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!