離婚後の戸籍と氏

● 離婚後の戸籍

離婚が成立すると、妻は婚姻前の氏に当然に復氏(旧姓に戻ること)します。
そして、夫の戸籍から除籍されますので、
「婚姻前の戸籍に戻る」 or 「新たに新戸籍を編成するか」 のどちらかを選択します。

具体的には、以下のいずれかを選択します。

       ↓

1、旧姓に戻り、実家(婚姻前)の戸籍に戻る
※実家の戸籍が既に除籍となっている場合は不可。
2、旧姓に戻り、新戸籍を編成する
3、婚姻中の氏を名乗る為、新戸籍を編成します
※なお、新戸籍編成の場合、本籍地を決めなければなりませんが、
本籍地については、どこでも構いません。皇居に本籍を置いている人も多くいます。

● 婚姻中の氏を名乗るには?

離婚が成立すると、妻は婚姻前の氏に当然に復氏します。

       ↓

婚姻中の氏を名乗る場合は、
離婚成立日から3ヶ月以内に役所に届出をする必要があります。

       ↓

※3ヶ月を過ぎてしまった場合には、「家庭裁判所」にて申立てをすることになります。
(子供の氏のことも考えて判断しなければなりません。)

● 親が再婚した場合の諸問題

親権者である母親が子供を連れて再婚した場合には、
親権者である母親は再婚相手の夫の戸籍に入ります。
しかし、子供は、母親が再婚しても戸籍はそのままで氏もそのまま変わりません。
つまり、”戸籍”も”氏”も母親と違ってしまう事態が起こります。

       ↓

この事態を解決するには以下の2つの方法があります。

≪1、連れ子と再婚相手の夫が養子縁組をする≫

       ↓

法定血族関係が生じることになり、親子関係が認められ、同じ戸籍に入ることが出来ます。

再婚相手の夫の相続人となることも出来るようになります。

≪2、「家庭裁判所」に子の氏の変更許可を申立する≫

       ↓

再婚相手の夫と同じ氏を名乗ることが出来るようになり、同一戸籍に入ることが出来ます。
※上記養子縁組と大きく異なる点は、
再婚相手の夫と子供との間には親子関係はないということです。

子供から見れば再婚相手の夫は父親ではなく、
母親の配偶者に止まり相続権もありません

※どちらを選ぶにしろ、慎重に選択しなければなりません。

離婚相談所へのお問い合わせはこちらへ。

離婚相談所へのお問い合わせ。

離婚相談・離婚協議書作成サービスは全国対応!

●事務所でのご相談はもちろん出張相談にも対応しております!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 新潟 福島 栃木 長野 群馬 栃木 茨城 山梨 埼玉 千葉 
東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、
新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、
武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、
多摩市、稲城市) 神奈川 富山 岐阜 愛知 静岡 石川 福井 滋賀 三重 京都 兵庫 大阪 奈良 和歌山 鳥取
島根 山口 岡山 広島 香川 徳島 高知  愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄
高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 坂出市 丸亀市 多度津町 宇多津町
善通寺市 琴平町 綾川町 まんのう町 三豊市 観音寺市

離婚のご相談者様からの声
  

自分で出来る!協議離婚手続きマニュアル!

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!