婚約破棄に関する慰謝料請求

● 婚約とは、将来結婚しようの意思表示!

婚約とは、将来婚姻しましょう!というお互いの意思表示です。
※同棲し、共同生活を営む内縁とは区別されています。

● 婚約をしたことについての影響と解消について

婚約者は、誠実に交際し、婚姻を成立させる義務をお互いに負います。

       ↓

しかし、いくら婚約したからと言って法的に将来の結婚を強制することも
なかなか出来ません。

       ↓

どうしても婚約を解消する場合には、相手方にそれなりの損害金を支払って
納得してもらうことになります。

● 結納ってなに?

結納とは、婚約の成立を確証し、併せて、婚姻が成立した場合に、当事者ないし
当事者両家の情義を厚くする目的で、授受される一種の贈与をいいます。

婚約の解消と慰謝料請求が認められる条件

● 婚約していたことの証明が必要

婚約は、お互いの婚姻したいというお互いの意思表示で成立します。

      ↓

しかし、婚約は口約束で成立していたとしてもその証拠は?
といわれるとそれを証明しなくてはならないのです。

      ↓

≪証拠の例≫

結納の事実を第三者が証明する
婚約指輪の贈答
両親や親族への紹介があった
新居の契約や家財道具の購入の事実
式場や新婚旅行の予約の事実

※単に同棲していたことや肉体関係があったことだけでは
婚約の証拠とはならない場合もあるようです。

● 婚約破棄には正当な理由が必要です。

やむなく婚約を解消するには、それ相応の正当な理由が必要です。
言い方をかえれば、正当な理由があれば婚約を解消することが出来るということです。

≪正当な理由となる場合≫

相手方の不倫・浮気など不貞行為が発覚した。
相手方が、回復困難な精神病にかかってしまった。
相手方から虐待や暴力、侮辱を受けた。
相手方が性的不能な状態。
相手方に重大なうそをついていた。
当事者間で合意で婚約解消。
相手方に妻や愛人、子供がいた。

≪正当な理由とならない場合≫

単に性格の不一致
単に結婚する気がなくなった。
実は親が反対している。

離婚相談所へのお問い合わせはこちらへ。

離婚相談所へのお問い合わせ。

離婚相談・離婚協議書作成サービスは全国対応!

●事務所でのご相談はもちろん出張相談にも対応しております!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 新潟 福島 栃木 長野 群馬 栃木 茨城 山梨 埼玉 千葉 
東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、
新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、
武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、
多摩市、稲城市) 神奈川 富山 岐阜 愛知 静岡 石川 福井 滋賀 三重 京都 兵庫 大阪 奈良 和歌山 鳥取
島根 山口 岡山 広島 香川 徳島 高知  愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄
高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 坂出市 丸亀市 多度津町 宇多津町
善通寺市 琴平町 綾川町 まんのう町 三豊市 観音寺市

離婚のご相談者様からの声
  

自分で出来る!協議離婚手続きマニュアル!

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!