専門家に離婚相談・離婚協議書作成手続きを依頼するメリットとは!

● 離婚の事前準備と情報収集

≪ご自分でお手続きする場合≫

       ↓

損をしない離婚をするには、事前準備と情報収集が欠かせません。
事前の準備と知識なしでは、離婚自体は出来ても、
後々、損をすることが圧倒的に多いのが現状です。

≪当事務所へご依頼頂いた場合≫

       ↓

まず、お悩みを相談するだけでも精神的に安定し、落着きを取り戻すことも多くございます。
「他の皆様はどのような手続きで離婚を進めていらっしゃるのか?」を知ることが出来ます。
知識や情報は武器です。知っていて得はしても損はしません。
緊張や不安は皆さん同じです。勇気を出して相談してみてください。
それが新しい人生への第一歩です。
※「出張相談・電話相談」全国対応中です。

● 離婚協議書に適切な内容が入ります

≪ご自分でお手続きする場合≫

       ↓

ご自身で離婚協議書を作成されることも不可能ではありません。
しかし、一般的な書籍やインターネットでの情報は一般的な情報でしかありません。
その項目が果たして当事者様に必要な項目なのかどうか?
何のためにこの項目が入るのか?
等がわからないまま手続きが完了することになる場合が多いのです。

≪当事務所へご依頼頂いた場合≫

       ↓

「年間数百件の相談実績」に基づき、ご依頼主様に最適の協議書内容をご提案いたします。
「必要な項目」「何のために?」について十分にご納得いただいた上で作成いたします。
※法的に必要な項目だけでなくお子様のお気持ちに配慮した書類にも対応いたします。

● 見えない安心と圧力

≪ご自分でお手続きする場合≫

       ↓

ご自身で離婚協議書を作成した場合には、協議書の中にも当事者2名しか登場しません。
当事者だけで作成したのですから当然と言えば当然です。
しかし当事者の意識の中では無意識に、二人で作ったものだから都合が悪くなったら
内容もまたすぐに変更できるのでは?と思ってみたり、
取決め内容を安易な気持ちで守らなかったりする場合が比較的多くなります。

≪当事務所へご依頼頂いた場合≫

       ↓

当事務所が、離婚協議書を作成した場合、
協議書の中に「代理人 行政書士 和田康弘」という項目が入ることになります。
これは、金銭を支払う側からすると、夫婦以外の第三者が介在しているという意識づけの
材料となり、契約内容をより守らなくてはいけないという心理的圧力が期待できます。
また、金銭の支払いを受ける側(一般的には妻)からすると精神的安心材料となります。

● 行政書士という国家資格者

≪当事者支援の専門家≫

       ↓

街の法律家である行政書士は、当事者支援の専門家です。
裁判所等を挟まない当事者間での解決を主としております。
「精神的労力」「経済的負担」の最も少ない解決方法の一つです。
二人で決めた結婚であれば、離婚も二人で納得して解決したいものです。
少しでもご夫婦のお力になれますよう。

離婚相談所へのお問い合わせはこちらへ。

離婚相談所へのお問い合わせ。

離婚相談・離婚協議書作成サービスは全国対応!

●事務所でのご相談はもちろん出張相談にも対応しております!
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 新潟 福島 栃木 長野 群馬 栃木 茨城 山梨 埼玉 千葉 
東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、
新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、
武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、
多摩市、稲城市) 神奈川 富山 岐阜 愛知 静岡 石川 福井 滋賀 三重 京都 兵庫 大阪 奈良 和歌山 鳥取
島根 山口 岡山 広島 香川 徳島 高知  愛媛 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄
高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 坂出市 丸亀市 多度津町 宇多津町
善通寺市 琴平町 綾川町 まんのう町 三豊市 観音寺市

離婚のご相談者様からの声
  

自分で出来る!協議離婚手続きマニュアル!

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!